コラム&ブログ

コラム&ブログ

2024.05.13 新規開業動物病院のスタイル

前回のコラム&ブログの中で新規開業のスタイル(分類)を大きく分けて「テナント開業」と「新築開業」の2つを挙げています。更に詳しく考えて行くと、3つ目として事業継承での開業は「既存改修開業」として挙げられるのではないでしょうか。私たちACプランは動物病院を専門としている一級建築士事務所です。新規開業の場合、ほとんど、いかなるスタイルでも開業に関して少なからずお手伝いする事が可能です。

都心での新規開業はテナントでの開業が多い。将来のステップUPも視野に入れながら設計を行う。

例えば、ハウスメーカー様でどうしても建設をお願いしたい場合でも、動物病院の部分の内装設計をテナントで設計をする場合と同じように、ACプランで設計する事もできます。(その為には、ハウスメーカー様との設備用のすり合わせの打合わせが必要にはなります。)

小さな動物病院(15坪前後)~大きな動物病院まで、多くの実績を基に、先生方の様々なご相談にお答えすることができると思います。新規開業を思いたったら、ACプランにお声掛け下さい!


ハウスメーカー様建築の建物にインフィル設計(内装設計)を行った。 犬、猫完全分離型の待合ラウンジ。受付奥が猫待合ラウンジ。


シンクの排水位置等、インフィル設計では事前の打合わせが重要となる。

動物病院の新規開業、移転、
リニューアルをお考えなら、
まずはお気軽にご相談ください。

0120-549-659 (受付時間:平日10:00〜18:00)

メールでお問い合わせ

この記事を書いた人

この記事を書いた人

ジュンメ建築設計事務所大橋 純 / Jun Ohashi

記事一覧
代表
大橋 純 / Jun Ohashi
住所
埼玉県朝霞市宮戸2-2-15サンコート志木102
HP
http://junme-architects.com/

動物病院の新規開業、移転、リニューアルをお考えなら、まずはお気軽にご相談ください。

0120-549-659 (受付時間:平日10:00〜18:00)

メールでお問い合わせ