狭小テナントのプランニング

多くのテナント動物病院の設計を手がけているとかなり小さめのテナントでのご開業を検討されている獣医師の先生からの相談があります。当事務所の担当で一番小さいテナントで開業をお手伝いした動物病院は約16坪になります。じゅうぶん設計上制約を受ける点などをご説明してからプランニングに入ります。

間口5.4m×奥行9.9mのテナント区画に待合ラウンジ+手洗い、受付、診察室1室、トリミング室1室、検査・処置室兼薬コーナー、X線・手術室、入院室(犬猫兼用)、隔離室、トイレと動物病院に必要となる諸室を確保したコンパクトで機能的なプランができあがりました。

いったい何坪のテナントなら動物病院が開業できるか?疑問に思われるかもしれませんがおおよそ15坪程あれば立派に機能する動物病院をつくることが可能です。ACプランの実績には約7.3坪のテナント動物病院もあります。

こんな小さいテナントで動物病院として成り立つのか?と思われるようなテナントでもACプランにご相談していただければ若干の制約はあるかもしれませんが動物病院として立派に機能する特徴的なデザインとプランニングをご提供させていただきます。

53.46㎡(16.17坪)のテナント動物病院

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2022.10.17

    色決め
PAGE TOP