狭小敷地のプランニング2

当事務所で手がけた新築動物病院の設計の中に都市型狭小敷地での5階建て動物病院があります。

前面道路が6m、敷地間口約8.2m、敷地の奥行は約11.3mで面積は約28.6坪です。とても広いとは言いずらい敷地の大きさです。建ぺい率いっぱいに建てても1フロア20坪弱しか取れませんので縦に積み上げるプランになる事が予想されました。

鉄筋コンクリート造にして道路斜線ぎりぎりまで縦に積み重ねる事で5階建てを計画する事がきました。当初病院部分は3階までしか利用していませんでしたがその後5階まですべて病院に改修して使用する事になりました。1階に駐車場3台と風除室を兼ねた入口、倉庫2階に受付、待合ラウンジ、診察室2室、検査・処置室、薬コーナー、スタッフ用トイレ、2階に第2待合と第3診察室、X線・手術室(手術台2台)、入院室2室とスタッフ室、お客様用トイレと2層には分かれていますが充実した内容とすることができました。

動物病院として大丈夫?と思われるような都市型の狭小敷地でもACプランにご相談いただければ動物病院として立派に機能するプランと特徴的なデザインをご提供する事が可能です。

狭小敷地のプラン

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2022.10.17

    色決め
PAGE TOP