改修や模様替えのメリット

 古くなった動物病院の間取りを変更して機能的に改修する工事は使い勝手に合わせて必要ですが、さして使い勝手も悪くない動物病院も内装を模様替えするだけでモチベーションの向上とあたらな発見につながるのではないかと思っています。

 10年前に改修の御提案をした病院がありました。構造が2x4工法という壁構造の木造でしたので機能性を重視した間取りの変更ができず、建築時の検査済証が無かったため法規的に可能な増築と内装の模様替えをしました。

その際の御提案としてはモチベーションを上げるために先生方のお好きな色を病院の各所に配置することやエコカラットという調湿効果と消臭効果をもつ内装タイルを使用しました。もちろん機械的な換気で臭いに関する対策はしていましたが臭いも少なく快適な動物病院になりました。その後、敷地を拡げての増築の際にもその病院では待合にエコカラットが使われ続けています。

 また、ある病院では改修工事の際にマルチと言われている室内機の複数台を室外機で動かすエアコンからシングルと言われる個別空調にすることにより。局所的なメンテナンスが可能になったとで安価に修理ができるようになったと聞いています。さらに昔ながらの蛍光灯をLEDに変えたところエアコンと合わせで電気代が半分以下になったと喜ばれました。

具体的な目的や御希望が無くても、「何かをしてみたい」という御相談だけでもいただければ、より快適な環境になるような御提案ができるものと思っております。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2022.10.17

    色決め
PAGE TOP