テナント新規開業する先生方へ

動物病院開業はテナント開業と戸建開業に分かれます。分かれる要因は経済的、地域的な事情、志向的なもの、個人や地域によって様々であろうと思います。戸建動物病院開業の場合は開業後数十年、あるいは動物病院の看板を降ろすまで同じ場所で開業し続けるのが一般的です。テナント動物病院の場合は開業後数年を経て、条件が整えば移転しようと考える獣医師の方もいます。

開業する先生方の将来志向によってテナント開業の設計手法は変わります。開業期日が最優先、工事費用縮減が最優先、デザインや満足度の高さが最優先、メンテナンス性能の良さ、院内環境充実等々、開業獣医師の志向により設計の方向も手法も目標も変わります。

開業に当たって、経済的に余裕が無く工事費用縮減が最重要であれば、工事費縮減に向けた設計を行い、基本構想案の提案を行います。開業期日が最優先ならば、設計から工事着工~竣工引渡しまで最短で到達可能な基本構想案と工程計画を提案します。メンテナンス性能が優先事項ならば、メンテナンスの容易な材料及び仕上材を提案し、院内環境に重きがあれば開業後の院内環境を維持するための設計を提案します。目指す目的が異なれば基本構想案の提案も全体工程の進め方、概概算見積費用も仕上げ材料や平面計画も異なります。
ヒアリング時に何も示唆が無い場合は通常の一般的な動物病院の仕様にて平面図や概概算見積を提案します。

開業に向けたこだわり、目的、諸事情お持ちの先生方はヒアリング時に優先事項をお伝え下さい。目標を共有して基本構想案の提案に望みます。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2021.07.18

    標準仕様
  2. 2021.06.27

    風を通す待合
PAGE TOP