為せば成る・・・

開業、移転、改修を考え始め、準備を具体化する段階になると、全体スケジュールを想定し、スケジュールに沿って効率良く順序立てて物事を進めたいと考えます。しかし、何事にも初めての経験はあります。多くの獣医師にとって開業、移転、改修は経験のない初めての事業です。未体験の事象に上手に対処するには、周到かつ念入りな準備を怠らないのが原則ですが、現状置かれている環境下では準備に掛けられる時間と労力には限りがあります。必然、経験値の高い案内人を見つけようと試み、運良く見つけられれば、一人で闇雲に進むよりは安全の確率は高くなり安心の度合いは増します。少しでも多くの不安を払拭するために動物病院を専門に謳うコンサルタントに相談を求めるのも、方策の内の一つです。

コンサルタントは相談に乗ることに長けた職種の方々です。加えて、相談者の囲い込みにもそれ以上に長けた方々でもあります。軽い気持ちでコンサルタントに相談すると他の相談相手への道は閉ざされ、歩く道筋が決められ、気が付いた時にはコンサルタントが敷いたレールの上に載せられて走るしか道は選べない状況になります。
開業、移転、改修にはたくさんの入り口があり、選定する入り口によって多様な過程と結果が存在します。入り口が限定されると出口が決まる安堵感はありますが、結果が出るまで悩み、考え、迷いながらも決断する貴重な経験も出来ずじまいになります。たくさんの入り口があり、様々な方法を考え、自分なりの思考を育み、想像以上の結果を生む機会がある時に、わざわざ狭い入り口に入り窮屈な思いをして平凡以下の結果を与えられたところで、得るものは少ないでしょう。

金城動物病院2階デッキ

開業や移転、改修は動物病院にとって大きな転機であり大きな変化です。将来を左右する場面で未来に深く関わる選択ですから、自らが判断し、その過程も経験も将来の価値に繋がります。

金城動物病院 ファサード

日本には先人が経験に基づいて語り継いできた諺があります。開業、移転、改修に踏み出そうとする時に自らに言い聞かせるのに適する諺も数多くありますが、とりあえずは言葉に発することが肝要です。
『為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり』

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP